政治主導で挑む労働の構造改革 ブックライブ 購入 電子書籍 読める

政治主導で挑む労働の構造改革無料試し読みコーナー


長時間労働の規制、同一労働同一賃金、待機児童など、働き方に関わる諸問題が相次いで議論されている。これらの背景には、少子高齢化に伴う労働力の減少、サービス産業の時代における日本型雇用の制度疲労、という大きな問題が横たわる。本書の狙いは、そうした労働問題の全体構造を示し、体系立てて対策案を提示することである。長年の雇用慣行や諸制度が絡み合う構造を把握しないまま各論ごとに対策を講じても、ある対策が別の問題を引き起こすといったことになりがちだった。そこで著者は「働く人を増やす」(女性や高齢者の活躍)、「働く場を整える」(地方や中小企業の活性化)、「働き方を変える」(日本型雇用の改革)という、三つの柱についてそれぞれ、現状および課題を整理し、制度設計や政策などの対策を提示している。長年の雇用慣行を見直し、既存の制度を変えるには、問題の全体構造を踏まえつつ、一つひとつ周りから突き崩していくことになる。こうした構造改革は政治主導でないと進められない。こう考えた二人の著者は、自由民主党の中で労働問題に関心を持つ有志を集め、「多様な働き方を支援する勉強会」を開催、2年間をかけて労働問題について勉強と議論を続けてきた。その成果をまとめたものが本書である。
続き・・・



政治主導で挑む労働の構造改革無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


政治主導で挑む労働の構造改革「公式」はコチラから



政治主導で挑む労働の構造改革


>>>政治主導で挑む労働の構造改革の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)政治主導で挑む労働の構造改革評判


BookLive!(ブックライブ)の政治主導で挑む労働の構造改革支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも政治主導で挑む労働の構造改革電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも政治主導で挑む労働の構造改革の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも政治主導で挑む労働の構造改革支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、政治主導で挑む労働の構造改革の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい政治主導で挑む労働の構造改革が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな政治主導で挑む労働の構造改革電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)政治主導で挑む労働の構造改革あるある


CDをじっくり聞いてから買うように、漫画についても試し読み後に購入するのが当たり前のことのようになってきたと言ってもいいでしょう。無料コミックサイトを利用して、読みたかったコミックを探し当ててみても良いと思います。
例えば移動中などの空いている時間に、無料漫画に目を通して好きな作品を探し出しておけば、後ほど暇なときに入手して残りを読むことができてしまいます。
大体の本屋では、販売中の漫画の立ち読みを防止することを目的として、ビニールをかける場合が多いです。BookLive「政治主導で挑む労働の構造改革」を活用すれば試し読みが可能ですから、物語のあらましを精査してから買えます。
無料コミックでしたら、購入を躊躇っている漫画のさわり部分を試し読みでチェックすることができます。手にする前に漫画のさわりをそこそこ確かめることができるので、とても便利だと言われています。
数年前に出版された漫画など、ショップではお取り寄せしなくては手元に届かない書籍も、BookLive「政治主導で挑む労働の構造改革」という形で多種多様に並んでいるので、スマホが1台あれば買い求めて読み始められます。






政治主導で挑む労働の構造改革概要

                              
作品名 政治主導で挑む労働の構造改革
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
政治主導で挑む労働の構造改革ジャンル 本・雑誌・コミック
政治主導で挑む労働の構造改革詳細 政治主導で挑む労働の構造改革(コチラクリック)
政治主導で挑む労働の構造改革価格(税込) 1944円
獲得Tポイント 政治主導で挑む労働の構造改革(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ