日本陸海軍はロジスティクスをなぜ軽視したのか ブックライブ 購入 電子書籍 読める

日本陸海軍はロジスティクスをなぜ軽視したのか無料試し読みコーナー


■ロジスティクスの視点から、日本陸海軍がどう戦略を間違えたか、なぜ間違えざるを得なかったのかを再検証する1冊。 ■目次第一章 異質機能の統合 “太平洋戦争中、大西瀧治郎海軍中将は「海軍は全力をあげて陸軍と戦い、余力でもって米軍と戦っている」と嘆いた。” ロジスティクスが上手く機能しなかった要因の一つに、陸海軍の縦割りで、協力し合えなかった点が挙げられる。 ただ、陸海軍の仲が悪いことはアメリカ軍も同様で、珍しいことではなかった。 アメリカ軍の統合参謀本部のような陸海軍を統括する組織は、日本のほうがアメリカより先につくられていたのに、なぜ機能させることができなかったのか。アメリカとの比較から再考する。 第二章 新しい概念の創造 “鉄道という新しいテクノロジーの潜在力に着目し、鉄道運輸という概念から従来の戦略を考え直したのが、プロイセンのモルトケだった。彼は鉄道を参謀本部の管轄下におき、陸軍大学校の最優秀卒業者を鉄道関連の参謀将校に任命した。” シベリア鉄道の運行状況で何ヶ月後にロシア・ソ連軍が侵攻してくるかがわかるものだという。 近現代は、馬・馬車から鉄道や蒸気船、自動車、飛行機へと輸送手段が変わった時代だったが、それらの新方式によって、兵站はどのように変わったか。 また、各国はそれぞれにどのように対応したかを見ていく。 第三章 戦略の正誤 “戦術のまずさは戦略で補うことはできるが、戦略の誤りを戦術によって正すことはできない。” 太平洋戦争(第二次世界大戦)は戦闘機や空母機動部隊の戦いだったといわれるが、じつは潜水艦の戦いこそが勝負をわけている。 ロジスティクスの視点から、ドイツ軍も含めて、日本陸海軍がどう戦略を間違えたか、なぜ間違えざるを得なかったのかを検証する。 第四章 ロジスティクス事例研究 “鉄道や船舶の輸送量や速度、飛行機の燃料使用料などは観念論で変えられるものではない。  情報参謀や後方参謀の提出するデータをもとに軍の運用(作戦)は考えられるべきであったが、独断的な作戦参謀は自分の「願望」に基礎をおく傾向が強かった。” 果して陸海軍はロジスティクスを軽視していたのか? ノモンハン事件からサイパン戦、ソ連の満州侵攻戦などの戦史をもとに戦闘ごとに再検証していく。 ■著者略歴谷光 太郎(たにみつ・たろう) 1941年香川県に生まれる。1963年東北大学法学部卒業、三菱電機株式会社入社。1994年同社退社、山口大学経済学部教授。2004年、大阪成蹊大学現代経営情報学部教授。2011年同校退職。著書に、『海軍戦略家キングと太平洋戦争』『海軍戦略家 マハン』(共に中央公論新社)、『敗北の理由』(ダイヤモンド社)、『青色発光ダイオードは誰のものか』(日刊工業新聞社)、『米軍提督と太平洋戦争―世界最強海軍のルーツ』(学研パブリッシング)、訳書に『統合軍参謀マニュアル』(白桃書房)など多数。
続き・・・



日本陸海軍はロジスティクスをなぜ軽視したのか無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


日本陸海軍はロジスティクスをなぜ軽視したのか「公式」はコチラから



日本陸海軍はロジスティクスをなぜ軽視したのか


>>>日本陸海軍はロジスティクスをなぜ軽視したのかの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)日本陸海軍はロジスティクスをなぜ軽視したのか評判


BookLive!(ブックライブ)の日本陸海軍はロジスティクスをなぜ軽視したのか支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも日本陸海軍はロジスティクスをなぜ軽視したのか電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも日本陸海軍はロジスティクスをなぜ軽視したのかの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも日本陸海軍はロジスティクスをなぜ軽視したのか支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、日本陸海軍はロジスティクスをなぜ軽視したのかの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい日本陸海軍はロジスティクスをなぜ軽視したのかが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな日本陸海軍はロジスティクスをなぜ軽視したのか電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)日本陸海軍はロジスティクスをなぜ軽視したのかあるある


漫画が趣味であることをあまり知られたくないと言う人が、今の時代増えていると聞いています。マイホームに漫画を持ち込むことができないというような方でも、BookLive「日本陸海軍はロジスティクスをなぜ軽視したのか」を使えば人に内緒のままで漫画に没頭できます。
要らないものは捨てるというスタンスが世間に理解されるようになったここ最近、本も冊子形態で所持したくないために、BookLive「日本陸海軍はロジスティクスをなぜ軽視したのか」を使用して読む人が増えているようです。
無料漫画をわざわざサービスすることで、利用者数を引き上げそこから販売につなげるのが事業者にとっての目論みだと言えますが、反対にユーザー側からしても試し読みが可能なので、失敗が少なくなります。
コンスタントに新たなタイトルが追加されるので、何冊読もうとも全部読み終えてしまう心配は無用というのがコミックサイトの人気の理由です。書店にはない少し前の作品も閲覧可能なのです。
漫画をはじめとした書籍の代金は、1冊毎の額で見ればあまり高くありませんが、読みたいだけ購入していれば、月単位の合計金額は高くなります。読み放題プランなら月額料が決まっているので、出費を抑えることができます。






日本陸海軍はロジスティクスをなぜ軽視したのか概要

                              
作品名 日本陸海軍はロジスティクスをなぜ軽視したのか
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
日本陸海軍はロジスティクスをなぜ軽視したのかジャンル 本・雑誌・コミック
日本陸海軍はロジスティクスをなぜ軽視したのか詳細 日本陸海軍はロジスティクスをなぜ軽視したのか(コチラクリック)
日本陸海軍はロジスティクスをなぜ軽視したのか価格(税込) 880円
獲得Tポイント 日本陸海軍はロジスティクスをなぜ軽視したのか(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ