P+D BOOKS 悲しみの港(下) ブックライブ 購入 電子書籍 読める

P+D BOOKS 悲しみの港(下)無料試し読みコーナー


北へ旅立つ静枝と及川晃一の「一夜の情事」。故郷の静岡県藤枝で若き小説家が探し求める自我の新しい船出。東京から故郷の藤枝に舞い戻ってきた及川晃一は、父の会社の事務員・三輪静枝と出会う。晃一の書いた小説を静枝が借り出して読んでいることを知り、二人の距離は急接近していくのだが、静枝にはすでに婚約者がいた。晃一が現れたけれど、結局、静枝は婚約者の求婚を受け入れ、会社を辞めて北へ旅立つという。だが、惹かれ合う二人は送別会の夜、ついに結ばれるのだった。朝日新聞に連載された「内向の世代」の代表的作家・小川国夫の自伝的長編小説の後編。1994年、第5回伊藤整文学賞受賞作。
続き・・・



P+D BOOKS 悲しみの港(下)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


P+D BOOKS 悲しみの港(下)「公式」はコチラから



P+D BOOKS 悲しみの港(下)


>>>P+D BOOKS 悲しみの港(下)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)P+D BOOKS 悲しみの港(下)評判


BookLive!(ブックライブ)のP+D BOOKS 悲しみの港(下)支払い方法は数多く用意されていて、TポイントでもP+D BOOKS 悲しみの港(下)電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもP+D BOOKS 悲しみの港(下)の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもP+D BOOKS 悲しみの港(下)支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、P+D BOOKS 悲しみの港(下)の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいP+D BOOKS 悲しみの港(下)が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなP+D BOOKS 悲しみの港(下)電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)P+D BOOKS 悲しみの港(下)あるある


毎回書店で買い求めるのは時間の無駄です。とは言え、全巻まとめて買うのは外れだったときのお財布への負担がデカいです。BookLive「P+D BOOKS 悲しみの港(下)」は読み終わるたびに買えるので、その点で安心できる事請け合いです。
「通学時間に電車で漫画本を広げるなんて絶対に無理」、そんな人であってもスマホに直接漫画を保管すれば、恥ずかしい思いをすることが不要になります。このことがBookLive「P+D BOOKS 悲しみの港(下)」の特長です。
新刊が出るたびに漫画を買い求めると、そのうち仕舞う場所がなくなってしまうという問題にぶつかります。でもBookLive「P+D BOOKS 悲しみの港(下)」であれば、どこに片づけるか悩むことがないので、気軽に楽しめます。
愛用者が勢いよく増加し続けているのが話題となっているコミックサイトです。ちょっと前までは絶対単行本で買うという人が一般的でしたが、電子書籍という形で買って楽しむという人が増加しつつあるのです。
読むべきかどうか悩み続けている作品がありましたら、BookLive「P+D BOOKS 悲しみの港(下)」のサイトで0円の試し読みを行うと後で後悔することもなくなるでしょう。読んでみて面白さが分からないと思ったら、決済しなければ良いだけです。






P+D BOOKS 悲しみの港(下)概要

                              
作品名 P+D BOOKS 悲しみの港(下)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
P+D BOOKS 悲しみの港(下)ジャンル 本・雑誌・コミック
P+D BOOKS 悲しみの港(下)詳細 P+D BOOKS 悲しみの港(下)(コチラクリック)
P+D BOOKS 悲しみの港(下)価格(税込) 648円
獲得Tポイント P+D BOOKS 悲しみの港(下)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ