P+D BOOKS 悲しみの港(上) ブックライブ 購入 電子書籍 読める

P+D BOOKS 悲しみの港(上)無料試し読みコーナー


現実と幻想の間を彷徨する若き小説家の懊悩。「僕が故郷に漠然と期待したのは避難港だった。ところが、それどころではなかった」――。東京から郷里の静岡県藤枝市に居を移した三十手前の小説家・及川晃一の日常的思索を描いた著者の自伝的小説の前編。1994年、発刊時の単行本の帯には[自分はすでに難破船か、骸骨か。それでもなお試練の故郷で文学者が探し求める自我の新しい船出。現実と想像のあわいに明晰な幻視者・小川国夫が眼をそそぐ]とある。日本人とは、市民とは、そして小説家とは何かを考え続けた、「内向の世代」の作家・小川国夫の深い懊悩が滲む秀作。朝日新聞に連載され、第5回伊藤整文学賞を受賞。
続き・・・



P+D BOOKS 悲しみの港(上)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


P+D BOOKS 悲しみの港(上)「公式」はコチラから



P+D BOOKS 悲しみの港(上)


>>>P+D BOOKS 悲しみの港(上)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)P+D BOOKS 悲しみの港(上)評判


BookLive!(ブックライブ)のP+D BOOKS 悲しみの港(上)支払い方法は数多く用意されていて、TポイントでもP+D BOOKS 悲しみの港(上)電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもP+D BOOKS 悲しみの港(上)の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもP+D BOOKS 悲しみの港(上)支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、P+D BOOKS 悲しみの港(上)の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいP+D BOOKS 悲しみの港(上)が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなP+D BOOKS 悲しみの港(上)電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)P+D BOOKS 悲しみの港(上)あるある


ここに来て、電子書籍業界では先駆け的な「読み放題」というサービスが登場し話題となっています。1冊毎にいくらというのではなく、各月いくらという料金方式になっているのです。
使用する人が右肩上がりで増えているのが、この頃のBookLive「P+D BOOKS 悲しみの港(上)」です。スマホだけで漫画を味わうことができるため、わざわざ書物を持ち運ぶことも不要で、手持ちの荷物が少なくて済みます。
老眼が進んだために、近いものが見えなくなってきたという読書好きの中高年の人にとりまして、スマホ上で電子書籍が閲覧できるようになったというのは、物凄く意味のあることなのです。文字のサイズを調節して読みやすくできるからです。
「スマホの小さな画面だと文字が小さいのでは?」と疑念を抱く人もいますが、実体験でBookLive「P+D BOOKS 悲しみの港(上)」をゲットしスマホで読めば、その優位性に驚かされる人が多いです。
本のネットショップでは、基本としてタイトルと表紙、ざっくりとしたあらすじのみが分かるだけです。しかしながらBookLive「P+D BOOKS 悲しみの港(上)」であれば、何ページかを試し読みで確認することができます。






P+D BOOKS 悲しみの港(上)概要

                              
作品名 P+D BOOKS 悲しみの港(上)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
P+D BOOKS 悲しみの港(上)ジャンル 本・雑誌・コミック
P+D BOOKS 悲しみの港(上)詳細 P+D BOOKS 悲しみの港(上)(コチラクリック)
P+D BOOKS 悲しみの港(上)価格(税込) 594円
獲得Tポイント P+D BOOKS 悲しみの港(上)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ