丸分かり激震!中国 ブックライブ 購入 電子書籍 読める

丸分かり激震!中国無料試し読みコーナー


年初から中国経済の失速が世界経済に大打撃を与えている。株価や資源価格の暴落、為替の乱高下など、中国がくしゃみをすれば世界はかぜをひく。「爆買い」「爆食」で世界を支えた中国の時代は終わりつつある。 本書は週刊エコノミスト2016年2月2日号で掲載された特集「丸わかり 激震!中国」の記事を電子書籍にしたものです。目 次:はじめに・失速する経済、資源暴落 世界に広がる負の連鎖・香港ドル ドルペッグは限界近い・2016予測 中国株   年間通して上昇トレンド   不安と落ち着きを繰り返す・2016予測 人民元   相場は年央まで元安に   2010年の水準に戻る・共産党支配の限界 崩壊防ぐのに必死の習政権・膨大な地方政府債務 天津は財政破綻の瀬戸際・国有企業 今年はメスを入れるチャンス・不動産 二極化進み景気の足かせに・日本不動産買い急増・自動車 環境と過剰生産に不安・サービス業 業績悪化する海運や商社・半導体 怒涛の買収攻勢が産業構造を破壊する・液晶パネル 18年にはシェア首位に・インバウンド 「爆買い」もやがて失速日本企業の明と暗・相次ぐ日系企業の失敗・日本の食品、外食の善戦・苦戦・インタビュー イトーヨーカ堂中国総代表 三枝富博氏・チャイナこぼれ話【執筆者】中川美帆、松本惇、長谷川克之、田代尚機、土信田雅之、平山広太、嶋野徹、遠藤誉、内藤二郎、丸川知雄、三尾幸吉郎、小夫孝一郎、桃田健史、関辰一、大山聡、田村喜男、芦田栄一郎、松原邦久、服部健治、服部正法、厳善平、週刊エコノミスト編集部
続き・・・



丸分かり激震!中国無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


丸分かり激震!中国「公式」はコチラから



丸分かり激震!中国


>>>丸分かり激震!中国の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)丸分かり激震!中国評判


BookLive!(ブックライブ)の丸分かり激震!中国支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも丸分かり激震!中国電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも丸分かり激震!中国の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも丸分かり激震!中国支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、丸分かり激震!中国の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい丸分かり激震!中国が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな丸分かり激震!中国電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)丸分かり激震!中国あるある


毎日を効率よく過ごしたいのであれば、空き時間を計画的に活用すべきです。アニメ動画を見るのは通勤中でもできることですから、こういった時間を活用するようにしたいですね。
日常とはかけ離れた物語の世界を堪能するのは、ストレス発散に凄く効果的です。小難しい内容よりも、無邪気で明るい雰囲気の無料アニメ動画などの方が間違いなく実効性があります。
ショップでは、スペースの関係で並べることができる書籍数に限度がありますが、BookLive「丸分かり激震!中国」のような仮想書店では先のような制限がないため、今はあまり取り扱われないコミックも販売できるのです。
「出版されているすべての漫画が読み放題ならどんなに良いだろうね」という利用者目線の発想を元に、「月に決まった額を払えば毎回の支払いはいらない」という形の電子書籍が生まれたわけです。
読むべきかどうか判断できない単行本があるときには、BookLive「丸分かり激震!中国」のサイトで誰でも無料の試し読みを行う方が確実です。少し見てもう読みたくないと思ったら、買わなければ良いという話です。






丸分かり激震!中国概要

                              
作品名 丸分かり激震!中国
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
丸分かり激震!中国ジャンル 本・雑誌・コミック
丸分かり激震!中国詳細 丸分かり激震!中国(コチラクリック)
丸分かり激震!中国価格(税込) 324円
獲得Tポイント 丸分かり激震!中国(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ