教壇に立つ ~患者を生きる~ ブックライブ 購入 電子書籍 読める

教壇に立つ ~患者を生きる~無料試し読みコーナー


東京都足立区の教師、重田雅敏さん(62)は43歳の頃、テーブルの上にあるコップや茶わんを、なぜか次々と倒してしまうようになりました。目の検査を受けた大学病院で、「網膜色素変性症が進み、視野が狭くなっている」と説明されました。この病気は目の中で光を感じる網膜に異常が起き、視野が低下していく病気で、失明の可能性がありました。重田さんは「教師の仕事は、もう諦めなきゃいけないのかな」と危機感を覚えました。「患者を生きる」働くシリーズ。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロコンテンツです。【文字数:5540文字/単行本換算で10ページ】
続き・・・



教壇に立つ ~患者を生きる~無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


教壇に立つ ~患者を生きる~「公式」はコチラから



教壇に立つ ~患者を生きる~


>>>教壇に立つ ~患者を生きる~の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)教壇に立つ ~患者を生きる~評判


BookLive!(ブックライブ)の教壇に立つ ~患者を生きる~支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも教壇に立つ ~患者を生きる~電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも教壇に立つ ~患者を生きる~の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも教壇に立つ ~患者を生きる~支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、教壇に立つ ~患者を生きる~の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい教壇に立つ ~患者を生きる~が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな教壇に立つ ~患者を生きる~電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)教壇に立つ ~患者を生きる~あるある


BookLive「教壇に立つ ~患者を生きる~」を積極的に使えば、自宅に本を置くスペースを作る必要はゼロになります。欲しい本が発売になるたびに書店に買いに行く手間を省くこともできます。このような利点から、利用を始める人が急増しているのです。
数あるサービスを凌いで、ここ最近無料電子書籍システムが普及している要因としては、町の本屋が消滅しつつあるということが想定されると聞いています。
BookLive「教壇に立つ ~患者を生きる~」を堪能するなら、スマホが重宝します。PCは重くて持ち歩くなんてことはできませんし、タブレットも電車内などで閲覧するというような時にはちょっと不便だと言えるのではないでしょうか。
スマホを使っている人なら、どこでも漫画の虫になることが可能なのが、コミックサイトの利点です。単冊で買うタイプのサイトや毎月固定料金のサイトなど諸々あります。
コミックサイトの最大のメリットは、扱うタイトル数が書店よりもずっと多いということだと考えます。売れ残って返本作業になるリスクがない分、膨大な商品を置けるというわけです。






教壇に立つ ~患者を生きる~概要

                              
作品名 教壇に立つ ~患者を生きる~
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
教壇に立つ ~患者を生きる~ジャンル 本・雑誌・コミック
教壇に立つ ~患者を生きる~詳細 教壇に立つ ~患者を生きる~(コチラクリック)
教壇に立つ ~患者を生きる~価格(税込) 216円
獲得Tポイント 教壇に立つ ~患者を生きる~(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ