タブー ブックライブ 購入 電子書籍 読める

タブー無料試し読みコーナー


虚構を演じ続ける女たちの“タブー(禁忌)”とは 暴露本『スキャンダルへの招待』を書いたのち渡米した、フリーライター有藤久美が一年半ぶりに帰国すると、見知らぬ女が久美の本名を使って結婚し、さらには殺害されていた。女はいったい何者で、何が目的だったのか。久美は、女の遺した手記を手掛りに、謎の過去へと踏み込んでいく。
続き・・・



タブー無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


タブー「公式」はコチラから



タブー


>>>タブーの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)タブー評判


BookLive!(ブックライブ)のタブー支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもタブー電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもタブーの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもタブー支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、タブーの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいタブーが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなタブー電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)タブーあるある


コミックサイトは山ほどあります。それらのサイトを念入りに比較して、自分の好みに一致するものを見い出すようにしましょう。そうすれば良いサイトに巡り合うことができると思います。
お金を支払う前にある程度中身を知ることができれば、買った後に面白くなかったと後悔することがありません。普通の本屋さんで立ち読みをする感じで、BookLive「タブー」におきましても試し読みをすることで、どんな漫画か確認できます。
BookLive「タブー」を読みたいなら、スマホが最適です。PCは重くて持ち運べませんし、タブレットも電車やバスの中などで読むという際には、大きすぎて利用しにくいと言えるのではないでしょうか。
「自分の部屋に置くことができない」、「所有していることを悟られたくない」ような漫画でも、BookLive「タブー」を活用すれば周囲の人に内密にしたまま読めます。
読み放題という形は、電子書籍業界でしか実現できない間違いなく斬新な試みです。買う方にとっても出版社サイドにとっても、魅力が多いと言えるでしょう。






タブー概要

                              
作品名 タブー
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
タブージャンル 本・雑誌・コミック
タブー詳細 タブー(コチラクリック)
タブー価格(税込) 486円
獲得Tポイント タブー(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ