七日目の蝉 ブックライブ 購入 電子書籍 読める

七日目の蝉無料試し読みコーナー


ミレニアムを迎えるすこし前の年、19歳の「きみ」と21歳になる「ぼく」は出会った。ふたりが恥じらいながら近づき、互いを求めあい、抱きしめあった時間は幸福そのものだった。永遠につづくように思えた。しかし、突然きみは自殺してしまう――分厚い手紙を残して。そこに語られた衝撃的な体験と苦悩、知る由もなかった深い闇。物語はきみの死で終わらず、ぼくの日常は続いていく。「きみ」の残してくれた甘く切ない思い出と救えなかった後悔、抱えるには重すぎる事実と向き合う「ぼく」。のどかな田舎の少女が闇から光を求めてきたはずの都会。そこは人のつながりさえもかき消してしまうような喧噪にあふれ、少女は心をすり減らしていった。冒頭での蝉の童話と少女の姿が二重露光写真のように重なりあう、美しくも儚い恋愛小説。※本作品は2008年に、ぶんか社より電子出版されていたものを加筆訂正し再発売。表紙絵・寺澤晋吾
続き・・・



七日目の蝉無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


七日目の蝉「公式」はコチラから



七日目の蝉


>>>七日目の蝉の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)七日目の蝉評判


BookLive!(ブックライブ)の七日目の蝉支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも七日目の蝉電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも七日目の蝉の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも七日目の蝉支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、七日目の蝉の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい七日目の蝉が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな七日目の蝉電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)七日目の蝉あるある


評判となっている無料コミックは、タブレットなどで読めるのです。通勤の電車内、昼食後、歯医者などでの診てもらうまでの時間など、好きなときに楽々見ることができます。
人気作も無料コミックなら試し読み可能です。スマホを持っていれば読めるわけですから、誰にも知られたくない・見られると困るような漫画もこそこそと楽しめます。
本類は基本的に返すことが出来ないので、内容を見てから購入したいと考える人には、試し読みができる無料電子書籍はメチャクチャ重宝すると思います。漫画も軽“く立ち読み”してから買うことができます。
趣味が漫画を読むことだというのを内緒にしておきたいと言う人が、このところ増えているのだそうです。室内には漫画を持ち込みたくないというような状況でも、BookLive「七日目の蝉」を使えば他の人に内緒で漫画を読むことができます。
顧客の人数が急激に増えてきたのがBookLive「七日目の蝉」です。スマホ画面で漫画を見ることができるということで、敢えて単行本を持ち運ぶことも不要で、持ち物を減らせます。






七日目の蝉概要

                              
作品名 七日目の蝉
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
七日目の蝉ジャンル 本・雑誌・コミック
七日目の蝉詳細 七日目の蝉(コチラクリック)
七日目の蝉価格(税込) 378円
獲得Tポイント 七日目の蝉(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ