銀河鉄道999(3) ブックライブ 購入 電子書籍 読める

銀河鉄道999(3)無料試し読みコーナー


▼第1話/ヤミヤミの姉妹▼第2話/重力の底の墓場▼第3話/装甲惑星(アーマープラネット)▼第4話/泥のメーテル▼第5話/螢の街▼第6話/海賊船クィーン・エメラルダス ●主な登場人物/星野鉄郎(機械の体を手に入れるためにアンドロメダを目指す少年)、メーテル(鉄郎とともに“999”で旅をする謎の女性) ●あらすじ/銀河鉄道999は、真っ暗な星・ヤミヤミに到着した。ヤミヤミは、まったく光がないばかりか、光を放ってもすぐに吸収されてしまうため何も見えない、文字どおり“ヤミ”の星。そのため、鉄郎は“999”の中でひとり発車時刻を待つことにしたのだが、列車の外から何者かが鉄郎を呼んでいる。恐る恐る鉄郎は、誘われるがままに姿の見えないその者の後をついていくのだが…(第1話)。▼スピードを上げ、宇宙空間を快調に疾走する“999”。しかしその“999”の空間レール上に非常事態が発生。そのレールを2日前に走っていた列車がこつ然と姿を消してしまったのだ。そのため、“999”も細心の注意を払って走行するのだが、突然正体不明の重力に引っ張られ、とうとう脱線してしまった!(第2話) ●その他のデータ/まったく光のない星・ヤミヤミ(第1話)、重力の底の星(第2話)、装甲版に覆われた生物の星・装甲惑星(第3話)、惑星・雨の都(第4話)、真理子の螢(第5話)、海賊惑星・ジュエル(第6話)
続き・・・



銀河鉄道999(3)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


銀河鉄道999(3)「公式」はコチラから



銀河鉄道999(3)


>>>銀河鉄道999(3)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)銀河鉄道999(3)評判


BookLive!(ブックライブ)の銀河鉄道999(3)支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも銀河鉄道999(3)電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも銀河鉄道999(3)の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも銀河鉄道999(3)支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、銀河鉄道999(3)の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい銀河鉄道999(3)が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな銀河鉄道999(3)電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)銀河鉄道999(3)あるある


次から次に新しい漫画が登場するので、毎日読んだとしても読みつくしてしまう心配をする必要がないというのがコミックサイトなのです。本屋には置いていないような懐かしのタイトルも購入できます。
BookLive「銀河鉄道999(3)」のサイト次第では、1巻を丸ごと料金請求なしで試し読みできるというところもあるのです。1巻は無料にして、「面白いと思ったら、その先の巻を有料にて入手してください」というシステムです。
「電車に乗っている時に漫画を持ち出すなんて絶対に無理」、そういった方でもスマホに直接漫画を保存すれば、他人の視線を気にする必要がなくなるはずです。まさしく、これがBookLive「銀河鉄道999(3)」人気が持続している理由の1つです。
ここ最近、電子書籍業界では価格破壊的な「読み放題」というサービスが誕生し注目を集めています。1冊毎にいくらというのではなく、1ヶ月いくらという料金徴収方式になっているわけです。
本を購入すると、近い将来片付ける場所がなくなってしまうという問題が生じます。だけど書籍ではないBookLive「銀河鉄道999(3)」であれば、収納スペースに悩む必要がなくなるため、場所を気にすることなく楽しめる事請け合いです。






銀河鉄道999(3)概要

                              
作品名 銀河鉄道999(3)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
銀河鉄道999(3)ジャンル 本・雑誌・コミック
銀河鉄道999(3)詳細 銀河鉄道999(3)(コチラクリック)
銀河鉄道999(3)価格(税込) 540円
獲得Tポイント 銀河鉄道999(3)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ